アメリカスカップシリーズ

こんにちは、
オラクルは、バルセロナ開催を、アリンギはアラブのラスーアルハイマ     開催を主張していて、間もなく決定されそう、こんなに直前まで争い、なんて人間はみにくのでしょう、そういう俺も人間か。

オラクルのも、ヨットの部類とは思えないものがあります。
写真見つかりました。目ざといのが、このブログのオーナー。

飛行機の部分名前は帆船(すなわち、ヨット)から頂き、つけました。たとえば、コクピット、ヘッドとか。 こんどは反対にヨットの形体が飛行機に近づいている、よく考えるとどちらも、揚力を利用して進む物体だから、いいのですね。

今日は、疲れたのでここまで。
[PR]

by toropi35 | 2009-12-02 23:02 | ヨットレース | Comments(2)  

Commented by 青色帽子MARIMARI at 2009-12-03 10:46 x
凄い写真の数々ですね・・・。一番上の写真は超巨大カモメが飛んでいるようにもみえますね。そしてこの舟をバルセロナに運ぶ・・のですか・・・。飛行機は帆船よりあとの乗り物だから帆船の名前をつけたのでしょうね・・。昔 飛行機はなぜ飛ぶのだろうかと質問したら当時Q大の航空学科の友人が、舟が海に浮かんで走るのと同じ・・と説明してくれましたが舟が海に浮かんで走る原理もわかったようでわかっていない私は あんな重い物体がなぜ空を飛ぶのかいまだにわかりません・・。
それにしても世界のヨットは凄いですね・・。どうやって操るのでしょうか・・。今に空も飛びそうですね・・。
Commented by toropi35 at 2009-12-03 18:14
つけた名前の件は、そのとうりです、1例として、あなたは飛行機の物体の右側は乗り込んだことは、ないはずです、これも帆船の時代から左から乗り込むしきたりが、あったからです。詳しく言うと時間係り、いろんな事を、帆船から取り入れているのです、またいつか会った時にはなしましょう、それまで、私が、どざえもんに、ならずに生きているかが、問題です。

<< アメリカスカップシリーズ いろいろ。 >>