すこやかな晴れ間。(玄界島1)

 こんにちは
この度の東日本大震災により
なくなられた方々に、哀悼の意をささげげますとともに、
被災されたみなさまとそのご家族の方々に、
心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復旧復興をお祈り申し上げます.




f0166694_19112419.jpg
これは、多分、アメリカ東海岸からのヨットでしょう。
このように、ビニールで梱包されて、汚れないように運ばれて来ます。
マストは後ろの艇のです。
f0166694_1915452.jpg
チョットぼけています、名前は思い出したら書きましょう。
f0166694_1917079.jpg
西日本新聞に載っていたた(博学博多)シリーズに(玄界島)特集がありましたので、すこしづづ、スキャンして載せて行きたいと思います。
梅雨でネタがありませんので、これでお許し願います。
この島は、私が車で行くことができない島で、一番ヨットで行った回数が多い島です。
特に地震前で若い年齢の時に行きました。
毎、土曜日、日曜日に通い、いつも3-4艇が来ていまして、トイレや店舗に近い泊める
便利な場所があまりありません。
常連艇が泊める場所が暗黙の了解で、決まっていました。
継続は、暗黙の黙認(強み)ですかね。

[PR]

by toropi35 | 2011-05-30 19:17 | その他 | Comments(3)  

Commented by HummingbirdV at 2011-05-30 19:55 x
Hummingbird1号は、ヤマハ21R&Cでしたが~玄海島までのクルージングは、毎回冒険でした~笑い~美容室併設の食堂でうどんを食べましたっけ~小西食堂は、いつ頃開店したか?今では遠い昔のことで思い出せません~笑い~小西食堂閉店からは唐泊の田中屋通いが始まりました。
Commented by toropi35 at 2011-05-30 22:22
こんにちは、
美容室併設の食堂で食べました、多分そこが閉まってから、いつか小西食堂が始まり、いつの間にか閉まってしまいました。
私が40歳前後のときは、結構、女の子がお弁当を作って来てくれました。
多くの艇は酒だけ飲んでましたが、下戸の我が艇は美味しい差し入れ弁当でした。
他の艇の下戸は、我が艇の弁当をあてに、訪れていました、漁師さんから魚、イカ、なまこを現金で買ったり、酒と引き換えに刺身をその場で作って、いっしょに飲んだりしました。
普段、飲みませんが酒があったり、ビールを供えたり、我が艇もサービスが少しよくなったかな。
Commented by 青色帽子MARIMARI at 2011-05-30 22:39 x
女の子の差し入れ弁当・・遠い昔「女の子」だった頃、
ヨット部のみんなにおにぎりやから揚げなど作っていたことを思い出しました・・。
そんな時代もありました・・。懐かしいです。

<< 雨降りませんように。(玄界島2) 思ったより風強くない。 >>