新潟県 佐渡へ(2)千石船(A)

こんにちは、


佐渡は海運もさかんで、千石船も作られて、盛んに交易されてたそうです。
復元された船を紹介します。


f0166694_2171512.jpg
船関係で皆さんも、ホットしたかな。
このような小屋の中に入れてあります。


f0166694_21111716.jpg
この船名は(白山丸)とつけられています。

f0166694_21484662.jpg
仕様はこんなぐあいです。

f0166694_2118877.jpg
前部の方は、こんな感じです。

f0166694_21194844.jpg
胴体部はこんな感じ、見ていただけば、丈夫さが、わかるとおもいます。

f0166694_2125694.jpg
スターン部で、大きな舵が付いています。

f0166694_21274645.jpg
スターン部を内側から見た写真で、下部に大きな木の滑車がみえます。

f0166694_21334299.jpg
その滑車の前に、このような縦になった真ん中が膨らんだ棒があります。
その真ん中ぐらいに、十字に棒を入れる穴があります。
棒を入れて、4人でその棒を回し、ロープを巻くのではないかと、思います。

*-舵の下部を浅いところにきたら、巻き上げる。
*-波、風が強い時、舵をきるのに、使う。
*-マスト立てる時に、ロープを巻き上げる。

等に、使うのではないかと推測します。

[PR]

by toropi35 | 2011-10-28 18:09 | その他 | Comments(0)  

<< 新潟県 佐渡へ(2)千石船(B) 客船クルージング(20) >>