整備、修理するには。(3)

f0166694_19063937.jpg
もう一方がこのように、中がなっていて、マグネットが4個仕込まれています、多分これが風速を感知するのでしょう。

f0166694_19070325.jpg
黒い端子が一本でています、これが感知しているのでしょう、無接点ですので、すり減る所が無いので、故障はきにくいと思います。

f0166694_19072273.jpg
裏はこのようにコンデンサーが付いています。後は具合が悪くなるのは、配線の接続部、羽根の破損、計器表示部の液晶部の故障ですかね。
前の船では北欧の(シルバ)の計器でしたが、液晶表示装置には、乾燥粉が入れてありますが、それが劣化して、湿気がきて、ダメになることが多い、窒素ガスが封入されてるのもあるそうです。
私のヨットは、11年になりますが、計器は、1度、接触不良を自分で修理した以外は、調子いいです、やはり適度につかってやることですかね。


[PR]

by toropi35 | 2016-06-16 21:51 | クルージング | Comments(0)  

<< 子供と付き合うのは。 整備、修理するには。(2) >>